Weekend Seabass Fisher

初心者以上(自称)中級者未満の典型的転勤族リーマンアングラー。
湘南は片瀬川をホームにシーバス中心のルアーフィッシングをメインにゆるーく更新。
コスパ第一!TB大好き!! 2015年11月〜@鎌倉市

ホーム:福岡市室見川→東京都旧江戸→湘南片瀬川

フィッシュマン

湘南河川 フィッシュマンロッド&ジョイクロで初フィッシュ!




2020/10/10
6:00〜9:30
長潮
干潮 5:00
気温18度
北北東 4m
水温 22.5度 ※平塚沖波浪等計測データ


前日の金曜日。
朝マズメは小潮の上げのタイミング。普段ならまず敬遠する潮周り。
が、台風前で雨が降り続き、まずは出かけてみるだけ行ってみるかとホームの湘南境川(片瀬川)へ。

川に着いてみると、雨がふってなかったらまず出てない流れがあり、濁りも申し分ない!

僕の中では上流側のポイントへ。
橋脚の裏側のヨレから。

この日はベイトタックルとスピニングタックルと二本立て。
が、流れもそこそこあることもあり、ベイトタックルから。
まずはスネコン130で、いきなりバイト!
が、のらない。。。

魚の反応に気を良くしてローテーションした、パズデザイングランソルジャー190Fにもいきなりのバイト!
(グラソルで初!)
が、やっぱりのらない、、、

数投して引いてきた足元でもバイト!
が、当然のらない、、、

なんで?!

ここは思い切ってダウズスイマー230Fを!
そして、また水面を誤爆!!!

エクストリーム出社、ならずエクストリーム在宅なので(笑)、結局誤爆3発で泣く泣く帰宅し、消化不良のリベンジマッチって事で土曜日。




台風も南に逸れて、雨だけ残り風はあるものの、前日と同じような状況。

意気込んで昨日と同ポイントへ。
対岸に師のOさんも。

が、昨日と打って変わって反応が無い…
まさに釣りあるある。

まあ、そういうもんですよね。
今日は決心してベイトタックルオンリー!
バックラも殆どしなくなったんで、甘えを捨てプラグを使い倒す!決意だったが、反応無く橋脚の上流側や際を丁寧に探るがサッパリ。

昨日に引きずられ過ぎてはイカン!と、場所移動を決断。

いつものポイントへ下るか、それとも7月の増水時の上流へ行くか。。。



悩んだ末、上流の柏尾川を覗いて見る。
なんかベイトの気配がするぞ!って事で降りてみる。

変わってすぐのポイントはジョインテッドクロー178Fから。
濁りもあり、上げ始める時間だけど、雨の影響でまだ下げがほど良く効いている。


上流側の手前に小さなブッシュがあり、アップクロスでキャスト。
際過ぎてブッシュにひっかかったので、2投目はもうちょい流心よりに落として、流れにのせてジョイクロが動くくらいのリトリーブ。



そして








突然水柱が立つ!









よっしゃのった〜!!


(ようやく…ww)




アワセも決まり、流れに乗せて寄せて来る。

以前初めてかけたのはもっと激流の時、ダウンでやり取りした時はフックアウトしたが、BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)のパワーを存分に活かして引き寄せる。




今回はすんなりタモに納まり、短時間ファイトで無事にキャッチ!



2020_1010_10090788




2020_1010_10091888~2

73cmのなかなかな体高のシーバス


IMG_20201010_164504_464


思い返すともうちょっと引きを味わって…とも思ったが、そんな余裕は無かった(笑)

初めてBRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)でキャッチし、さらにジョインテッドクロー178Fも初、ってのことでダブル初で嬉しさも2倍!


これまでのアピアのロッド アイリスと比べると、やっぱりパワーは歴然で全く違った。
かけてみて初めて違いが分かったがこれくらいの魚でも安心感がまるで違う。
しなやかなロッドでのやりとりも、それはそれで勿論悪くないけど、大物と強引なファイトもこれはこれでたまらない。


この後ボイルらしきものもあり、ベイトが逃げ惑うシーンもあったが喰わせられず、収まったところで納竿。


メモリアルフィッシュとなった思い出に残る釣行もなりました。


2020/9/12 湘南河川 雨後釣行

2020/9/12
5:00〜7:30
長潮
干潮 7:35
気温24度
北西 2m
水温 26.3度 ※平塚沖波浪等計測データ

待ちに待った週末の雨

前日から降ってたので濁りに期待して、
翌朝に備えお酒はほどほどにして4時半から起きる

久々レインジャケットを着込んでホームの湘南片瀬川(境川)へシーバスを求め出かける

上流から見て周ると長潮の割には流れも速く、濁りもバッチリ

まだ夜が明け切らぬ前に明暗も絡む橋脚ポイントへ

これまで干潮時に見てきた地形から、いつもと違う対岸に降りる

今日は流れも速いので、2本ロッドは持ってきたが、BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)を使ってみる

明暗を通すには暗い所からキャストしないとルアーが通らないので、暗がりで投げるといきなりバックラッシュ…

夜久々のベイトはムズイ(泣)



気を取り直して表層を意識してティンバーフラッシュから

流れを噛みすぎてあっという間にダウンへ
ダウンから岸際を丁寧に攻める

やっぱりデカすぎるか??





Pazdesign-パズデザインのグランソルジャー190Fでアップ気味に背を意識したポイントを攻めるが反応無し



対岸に気がつくと片瀬リバーの師匠O氏のお姿が
ポイントは間違って無かったかなと

氏がテクトロで岸際を攻めてるのを見て思い出し、もう少しレンジを入れて僕も岸際を重点的に攻めてみる




Blooowin! 140S(ブローウィン!140S)をキャスし、カウントダウンして流れに乗せてから岸際を通すと、フッと軽くなる


おー、喰ってる〜‼️



BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)で初めてのまともなサイズ

岸から離れて流れに乗って流心近くに逃げるが、バットがしっかり曲がってやりとりに不安が全く無い

前回はデカイのをかけた時は、IRIS87Lだったので、流心から寄せのるのにかなり時間がかかったのを思い出す


が、


プツ

プツ!



フックが外れるのが手元に分かる


なす術なくバラし…




ぢぎしょ〜〜
初魚男フィッシュと思ったのに〜


追いフッキングを入れて無かった事を反省

これがあって、このポイントで粘り過ぎて、下流のポイントに移動した時はもう流れも緩く、ベストな時間を逃してしまった

うー、ランガンの時間配分を誤った…



帰りにO氏に会えたので、久しぶりに談笑

先週湘南片瀬川(境川)の同ポイントで久々爆ったそうでつ抜の釣果だったらしい
僕はその時間の少し前にそこからやや下流ポイントで1匹キャッチしたくらいだっので羨ましい限り…



ポイント選択と入るタイミングは本当に難しいと痛感した1日だった

ダウズスイマーを投げたい!ダウズスイマーを買う!

前回はこちらより

あとはダウズスイマーを買うのみ!って事で、
普通に店頭で売って無いとなるとwebって事で探して見るが、まあ割高な事…



 せめて定価くらいでと根気良く探して、キャンペーンの割引チケットやらを使って、何とか税込み送料込みで定価程度で欲しかったこのカラーをゲット!

IMG_7158


そして幸運な出会いもあり、上州屋の店長さんに空気をいれられたメガバス メガドッグ!

タックルベリーで見つけて即買い!!

 IMG_7161



いやぁそれにしてもでかい…

圧倒的な存在感

そして重い!!


 IMG_7162



タックルが決まり、ダウズスイマー(達?)も手にして、後は準備として重要なライン。
 

ネットで色々調べてみるが、最初は高切れなどもしそうなので太めが良いと


そして用意したラインはちょっと安くなっててお得に買えたこいつ


シーガーPE x8 3号+Duel ハードコアパワーリーダー 40ポンド

IMG_7064

 
これまではPEは1号前後しか気にして無かったので、いきなり3号とか言われてもどれを選んでいいのやら。

船用?かもしれんけども、ひとまず初心者なんで太めで、リーダーも40ポンドの値頃感のあるのでこれでいってみる事に。



 
リールを購入時持ちこんで、遠くまで投げる訳では無いのでひとまず半分の100mを巻いてもらう。

そして40ポンドのリーダーとのFGノットをしっかり決めて準備完了。



 

フィッシュマン BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)+ シマノ エクスセンスDCSS HG レフトハンドル

IMG_7061



IMG_7062


さあ、準備は整った!

いよいよ投げてみます!!


って、こんなデカイので釣れるのか…?!草
 

ダウズスイマーを投げたい!ロッドで悩む


前回はこちらより

まずはロッド。


ロッドは今2本、ビギナーから1段階段を上がったくらいのアピアのレッドラインプレミアムを使っとります。


10年前、タックルベリーの中古でメジャークラフトのソルパラシリーズの8.6フィートのMLクラスのロッドを買い、そして、もっと長いのも欲しくなり今は亡きダイコーのロッドも中古で買ってみた。

しかしダイコーのロッドは残念ながらハズレで、1年くらいで現場で1投目で折れた苦い経験もあって、アピアは新品を買った。


その当時アピアは、FIMOの村岡さんの影響もあり、勢いのあるシーバスブランド(?)の一つだと思ったので、風神シリーズまでは予算的に手に入れられなかったこともあり、リーズナブルなレッドラインプレミアムは丁度良く、今でも現役で使用中だが、メジャクラから乗り換えた時の1投目は、それはもう別次元な感覚だったのを覚えている


投げた後の竿の戻りと言うか、反発が、ビヨビヨ〜ンって感じでは無く、ピシッと振り抜いた後も収まりが良く、飛距離も違う!(って気がした)


しかしながら100gを投げれるロッド、しかもビッグベイトを投げれるのがアピアにあるかって言うと今は無い

ただ、少し前のフィッシングショーくらいからちょっと当初のイメージが変わってきたのも事実で、最近アピアの情報はそこまで追っかけてないのも現状


ビッグベイト=ベイトリール?ってとこにたどりつき、大学生時代から社会人になってまだ間もない頃までバス釣りをやってたので、ベイトリールも使った事はあった

ただシーバスでベイトってとずっと思ってた


横浜で毎年春先?に開始されてるフィッシングショーは何だかんだでもう78年毎年行ってて、ずっと気になってたブランド『フィッシュマン』

まさかホントに自分が手にする事になる日が来るなんて


IMG_7050


カタログを毎年貰い続けてはや6


100gを投げられるロッドで、5インチか6インチで悩みまくりましたが、いつかボートも乗ってみたいが、陸っぱりでも使うので少しでも長いのをってことで、選んでのはこいつ!


BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)


近所の上州屋で何度下見で触らせていただいた事か(笑)


最初の印象はこれまでのロッドと比べてやはり硬ぇぇっ!!

これがどこまでしなるのか?!

妄想は広がるばかり


もう一生物ってくらいのキヨブタ(清水の舞台から飛び降りる!)的な気持ちで購入を決意

IMG_7061


ついに魚男の仲間入りです


まだキャストしておらず(リールがまだなんで)めちゃくちゃ楽しみです!!

ユーザーの皆様、魚男1年生、どうぞ宜しくお願い致します

楽天市場
ナチュラム
プロフィール

shingy

  • ライブドアブログ