Weekend Seabass Fisher

初心者以上(自称)中級者未満の典型的転勤族リーマンアングラー。
湘南は片瀬川をホームにシーバス中心のルアーフィッシングをメインにゆるーく更新。
コスパ第一!TB大好き!! 2015年11月〜@鎌倉市

ホーム:福岡市室見川→東京都旧江戸→湘南片瀬川

福袋

アイマ 2017 福袋 を買ってみた【ネタバレ注意】

週末は箱根の温泉へ行ってたこともあり、久々釣りに出ませんでした。

自分へのご褒美で買ったアイマ福袋。
福袋なんで年明けに!と我慢しとりましたがクリスマスプレゼントに繰り上げました。笑

まだこれから買おうと思ってるかた、買って届くの楽しみにしてるかた、いらっしゃると思いますが参考になれば。

どうですこれ??
新作はリバーフローとか言うのだけです。
コウメが4つもはいっとるし…
スケアクロウとリバーフローは箱から開けてみますが、他はうーんどうしよう。

これで¥10800は高いか安いか判断は微妙ですな…

結論は来年はもう買いません。笑

br_c_2236_1


交錯する情報とか2017ルアー福袋とか

2016/11/27

20:30〜22:30
前中潮 2日目
干潮 22:04
気温:10度
北2m
曇り時々雨

ソル友Aさんの情報では、鎌倉市近郊の湘南地区で70cmupを筆頭に複数本上がってらしい!ですとか、最近河川で90cmupが上がったらしい!!ですとか、未確認情報も含め秋らしい釣果を耳にする今日この頃。

2017シーバス福袋ってことでこんな誘惑も…
これ以上まだルアーいる?!っと冷静に考えてもみたが、最近新しいコスケだ、ロケットベイトだとか試せて無く、入ってればいいなぁと期待半分で思わずポチり

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/2017+シーバス福袋/

メガバスもやっとるみたいですね。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/2017+メガバス福袋/

中身はまた別の機会に^ ^

話それたが
週末家族持ちの釣人としては、

朝起きれるのか?!
夜釣に行かしてもらえるのか?
(子供の寝かしつけは?)
夜釣りに行くなら晩酌を我慢できるのか?

など様々なハードルを乗り越えなければならない。

土曜日の朝、1週間の疲れからかやはり朝マズメはパス。
土曜日の夜、家族団欒の食事で鍋。当然ビール。釣に行くなんて言えん…
娘と一緒に早目の就寝。

明けて日曜5時起床。誰からも文句を言われない我が家の釣りチャンスタイム!!さてどこ行く?!

風は無く気温も10度くらいならあそこ行くか!っと決めてはやる気持ちを抑えて出発して数分後。
さ、竿持ってなくね??

結果、貴重な15分くらいのロス…泣
週末は激戦区なんであそこはもう入れないかも…号泣

凪のサーフと河川を軽くチェックして朝マズメは終了。

久しぶりの七里ヶ浜サーフは東寄りは竿が並んでいた。
流石湘南(?)サーフ!
混み合う所までまでは行かず江ノ島寄りで夜明け後くらいまで。ヒラメもシーバスの釣果も聞いておらず、波も穏やかで今期初サーフはまあこんなもんでしょう。
仕入れたこれもチェックしてみる。

ジップベイツ ザブラ・システムミノー 139S

なかなか言い動きでサーフでは確実にローテーション入り決定!

河川もSNECON(スネコン)130Sに2チェイスは見えたが喰わせ切れず。
朝の部終了。



日曜の夜は雨の予報。
晩御飯は餃子。娘達と100個つつむ。

ビール&餃子 ≧ 釣り

夕方から雨が降り出す。予報通り!!

ビール&餃子 < 釣り  !!

気持ちが変わる

時間を考えると17:00〜20:00が流れが一番出るが、そんな晩御飯タイムには流石に出られない。
早目に子供たちを風呂に入れて嫁に今夜出させてもらうようお願いする。
餃子を食べながらビールを呑まなかった自分を褒めつつ、晩御飯の洗いものを済ませ、「洗濯物は帰って干すので置いといて^ ^」ってことでようやく20:30に湘南片瀬川へ出発。

干潮まで約1時間半ってとこ。河口付近の橋脚の明暗からチェック。

ん?
あれ??
無い!!
今朝サーフ用に道具を変えたりしたんで、今度はスナップ類とリーダー関係を一式全部忘れとる…涙枯れ

そんなこともあろうかと、予備スナップは別に1個だけ持ってたのを思い出し、根がかってリーダーが無くなったら即終了の背水の陣で実釣開始。

先行者無し。流れももうほぼ終わりかってくらいだが、雨のおかげでかろうじて残っている。

が、期待とはうらはらにアタリは無し…

移動して干上がり間近の干潮ポイントへ。
流心にはまだ流れがありSNECON(スネコン)130Sから流す。
アクションせず静かに流してみて数投目。
バシュッ!とヒットするが合わせるとエラ洗いしてすぐにスッポ抜け…

リーダーが痛んでいる。うーんフッキングまで至らずか…
そこそこデカかったのかなぁと悔やむ。
急いで痛んだとこだけリーダーをカットし再開。

雨脚も強まり、流れはどんどん緩むものの何とか釣になるくらい。そろそろ明日の仕事に備えて帰宅時間が迫る。

先日結果が出たBlooowin! 140S(ブローウィン!140S)の夜ジャークで締めて帰ると決める。
潮に動きが無い時こそルアーを動かす、と確か村岡氏のコメントにあったよなぁとか思いつつ、大きめにジャークしその後タダ巻きってな感じでルアーをアピールしてるとゴツン!

サイズはさておき何とか締め。

行ける時が地合い!を信じて次回こそサイズアップを…



br_c_2236_1

福袋って買います?

釣りと関係無いですが、年始の楽しみって福袋じゃないです?

少し前のになるけど、買ったの写真をとってたので参考になれば幸いです。


■2013年 フレッドペリー (FRED PERRY)福袋 ¥10,000  Lサイズ
  39
ジャージ
春用Vネック綿セーター
Vネック梳毛セーター
バッグ
コインケース
ネクタイ
178cmの僕でも大きく黄色のセーターやら、年齢的に厳しいバッグなど売ったら
2割ほどはすぐに帰ってきた

■2013年 モンベル(mont-bell) 福袋 ¥10,000 Mサイズ
16

ダウン コンシールジップ
 トラベルショルダー
 ZEO-LINE インナー
 ポーチ

インナー用ダウンと ジオラインだけでもう元取ったー!と
嬉しかった思い出が。ダウンは今でも釣り用で重宝中。
ジオンラインは小さかったんで、親父に送って喜ばれた。
後の小物はすぐに売っぱらった気が・・・


■2014年 フレッドペリー (FRED PERRY) 福袋 ¥10,000 Lサイズ
17
5時に起きてがんばって並んでGETしたわりに拍子抜けした記憶が・・・

鹿の子長袖ポロ 
ブラックジーンズ
ジャケット
短パン
スカーフ

天ぷら上代はなはだしい!?

短パンは四十路には厳しいひざ上だった気が・・・
これと長袖のポロは自分の着るコーデに入ってないので
すぐに売って確か1.5割程度戻ってきた
かろうじてジーンズは履いてるけど、JKもいまひとつで
そうじてはずれたきがしております。
翌年(今年)から私服がアウトドア系になってきたこともあり
夏にはフレッドペリー (FRED PERRY)のポロシャツを着てたけど
めっきり着なくたった2015年・・・

■2014年 Foxfire(フォックスファイヤー) 福袋 ¥10,000 Lサイズ
15
フレッドペリー (FRED PERRY)の福袋以外にもせっかくなんでと思って
購入した、比較的並ばずに買えたFoxfire(フォックスファイヤー)

ネルシャツ
裏つきフリースジャケット
TRANSWEAT WOOLシャツ
小物

この福袋からFoxfire(フォックスファイヤー) はちょっとファンになりました。
フリースジャケットは機能的で細身でシルエットも良く
ネルシャツとともに今ではヘビーローテで着ております。
価格も(アウトレットでは・・・)こなれていて、夏のハットなど購入するようになりました。

2016年も買ってみようかと


■2015年 AIGLE(エーグル) 福袋 ¥10,000 Lサイズ
20

博多へ帰省時に@福岡マリノア
フリース襟付きベスト
中綿コート(紺色)
ボーダーネック 半袖ボーダーシャツ


ここも天ぷら上代がすごいっす!
確か左上のなんでもないエコバックが ¥2,500(くらい)とか!ありえんわー!?

コートとベストは着てますが、満足度はうーん・・・
買う前に周りのおばちゃんが福袋のカラーナンバーで色わかるといわれ
男女共用だったけど、紺色を買ったのを思い出した


■2016年 LAUNDRY(ランドリー) 福袋 ¥5,000 Lサイズ
57

Tシャツ2枚
巾着
特製アルミ(ステンレス?) エコボトル

干支にちなんだバックプリントTシャツ(黒の左)と2枚のTシャツ

ホークスとのコラボTシャツを愛着しとりますが、金額的には満足かと


アウトレットメインで、妻と毎年年始初日の朝早ぉうからならんで2点はGETしとりますが
今年は釣具福袋を磯子のキャスで買うか、1万円分ルアーなどを買うか迷い中・・・

去年はオーシャングリップ OG2100 bie SS(ショットシルバー)が発売されて
すぐだったこともあり、価格も手が届くとこだったんで即効買いました

おかげで3等くらい(?)があたり、3千円の金券がすぐ使えて欲しかった
GMのコンパクトマルチフィッシングプライヤー に変えた思い出が・・WW

今年はどこに行こうかなー


 
楽天市場
ナチュラム
プロフィール

shingy

  • ライブドアブログ