2020/10/10
6:00〜9:30
長潮
干潮 5:00
気温18度
北北東 4m
水温 22.5度 ※平塚沖波浪等計測データ


前日の金曜日。
朝マズメは小潮の上げのタイミング。普段ならまず敬遠する潮周り。
が、台風前で雨が降り続き、まずは出かけてみるだけ行ってみるかとホームの湘南境川(片瀬川)へ。

川に着いてみると、雨がふってなかったらまず出てない流れがあり、濁りも申し分ない!

僕の中では上流側のポイントへ。
橋脚の裏側のヨレから。

この日はベイトタックルとスピニングタックルと二本立て。
が、流れもそこそこあることもあり、ベイトタックルから。
まずはスネコン130で、いきなりバイト!
が、のらない。。。

魚の反応に気を良くしてローテーションした、パズデザイングランソルジャー190Fにもいきなりのバイト!
(グラソルで初!)
が、やっぱりのらない、、、

数投して引いてきた足元でもバイト!
が、当然のらない、、、

なんで?!

ここは思い切ってダウズスイマー230Fを!
そして、また水面を誤爆!!!

エクストリーム出社、ならずエクストリーム在宅なので(笑)、結局誤爆3発で泣く泣く帰宅し、消化不良のリベンジマッチって事で土曜日。




台風も南に逸れて、雨だけ残り風はあるものの、前日と同じような状況。

意気込んで昨日と同ポイントへ。
対岸に師のOさんも。

が、昨日と打って変わって反応が無い…
まさに釣りあるある。

まあ、そういうもんですよね。
今日は決心してベイトタックルオンリー!
バックラも殆どしなくなったんで、甘えを捨てプラグを使い倒す!決意だったが、反応無く橋脚の上流側や際を丁寧に探るがサッパリ。

昨日に引きずられ過ぎてはイカン!と、場所移動を決断。

いつものポイントへ下るか、それとも7月の増水時の上流へ行くか。。。



悩んだ末、上流の柏尾川を覗いて見る。
なんかベイトの気配がするぞ!って事で降りてみる。

変わってすぐのポイントはジョインテッドクロー178Fから。
濁りもあり、上げ始める時間だけど、雨の影響でまだ下げがほど良く効いている。


上流側の手前に小さなブッシュがあり、アップクロスでキャスト。
際過ぎてブッシュにひっかかったので、2投目はもうちょい流心よりに落として、流れにのせてジョイクロが動くくらいのリトリーブ。



そして








突然水柱が立つ!









よっしゃのった〜!!


(ようやく…ww)




アワセも決まり、流れに乗せて寄せて来る。

以前初めてかけたのはもっと激流の時、ダウンでやり取りした時はフックアウトしたが、BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)のパワーを存分に活かして引き寄せる。




今回はすんなりタモに納まり、短時間ファイトで無事にキャッチ!



2020_1010_10090788




2020_1010_10091888~2

73cmのなかなかな体高のシーバス


IMG_20201010_164504_464


思い返すともうちょっと引きを味わって…とも思ったが、そんな余裕は無かった(笑)

初めてBRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)でキャッチし、さらにジョインテッドクロー178Fも初、ってのことでダブル初で嬉しさも2倍!


これまでのアピアのロッド アイリスと比べると、やっぱりパワーは歴然で全く違った。
かけてみて初めて違いが分かったがこれくらいの魚でも安心感がまるで違う。
しなやかなロッドでのやりとりも、それはそれで勿論悪くないけど、大物と強引なファイトもこれはこれでたまらない。


この後ボイルらしきものもあり、ベイトが逃げ惑うシーンもあったが喰わせられず、収まったところで納竿。


メモリアルフィッシュとなった思い出に残る釣行もなりました。