2020/9/12
5:00〜7:30
長潮
干潮 7:35
気温24度
北西 2m
水温 26.3度 ※平塚沖波浪等計測データ

待ちに待った週末の雨

前日から降ってたので濁りに期待して、
翌朝に備えお酒はほどほどにして4時半から起きる

久々レインジャケットを着込んでホームの湘南片瀬川(境川)へシーバスを求め出かける

上流から見て周ると長潮の割には流れも速く、濁りもバッチリ

まだ夜が明け切らぬ前に明暗も絡む橋脚ポイントへ

これまで干潮時に見てきた地形から、いつもと違う対岸に降りる

今日は流れも速いので、2本ロッドは持ってきたが、BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)を使ってみる

明暗を通すには暗い所からキャストしないとルアーが通らないので、暗がりで投げるといきなりバックラッシュ…

夜久々のベイトはムズイ(泣)



気を取り直して表層を意識してティンバーフラッシュから

流れを噛みすぎてあっという間にダウンへ
ダウンから岸際を丁寧に攻める

やっぱりデカすぎるか??





Pazdesign-パズデザインのグランソルジャー190Fでアップ気味に背を意識したポイントを攻めるが反応無し



対岸に気がつくと片瀬リバーの師匠O氏のお姿が
ポイントは間違って無かったかなと

氏がテクトロで岸際を攻めてるのを見て思い出し、もう少しレンジを入れて僕も岸際を重点的に攻めてみる




Blooowin! 140S(ブローウィン!140S)をキャスし、カウントダウンして流れに乗せてから岸際を通すと、フッと軽くなる


おー、喰ってる〜‼️



BRIST comodo6.10XH(ブリストコモド)で初めてのまともなサイズ

岸から離れて流れに乗って流心近くに逃げるが、バットがしっかり曲がってやりとりに不安が全く無い

前回はデカイのをかけた時は、IRIS87Lだったので、流心から寄せのるのにかなり時間がかかったのを思い出す


が、


プツ

プツ!



フックが外れるのが手元に分かる


なす術なくバラし…




ぢぎしょ〜〜
初魚男フィッシュと思ったのに〜


追いフッキングを入れて無かった事を反省

これがあって、このポイントで粘り過ぎて、下流のポイントに移動した時はもう流れも緩く、ベストな時間を逃してしまった

うー、ランガンの時間配分を誤った…



帰りにO氏に会えたので、久しぶりに談笑

先週湘南片瀬川(境川)の同ポイントで久々爆ったそうでつ抜の釣果だったらしい
僕はその時間の少し前にそこからやや下流ポイントで1匹キャッチしたくらいだっので羨ましい限り…



ポイント選択と入るタイミングは本当に難しいと痛感した1日だった