Weekend Seabass Fisher

初心者以上(自称)中級者未満の典型的転勤族リーマンアングラー。
湘南は片瀬川をホームにシーバス中心のルアーフィッシングをメインにゆるーく更新。
コスパ第一!TB大好き!! 2015年11月〜@鎌倉市

ホーム:福岡市室見川→東京都旧江戸→湘南片瀬川

2016年09月

苦手な長潮

2016/9/25
3:30〜6:00
長潮 
干潮 5:58
気温:22度
北風2m
曇り後雨


週末が小潮、長潮と続く苦手な潮回り。
唯一潮が動く深夜から早朝。土曜日の干潮は4:11…。
無理、起きれんっ!

日曜日は頑張って3時に起きてチャリにまたがり、シーバスを求めホームの湘南河川は片瀬川へ。

流れが出ている超メジャーポイントに人がいない!ってことで竿を出してみる。
最近お気に入りのCOO(クー)100Fからスタート。
しかし足場が高いところはコントロールが難いっ!
干潮前の流れなので浅いところを引けると思いきやうーん🤔
SNECON(スネコン)90を橋脚にぶつけて傷ついたところで早目に見切っさらに下流移動。

移動したいつものポイントにはソル友のAさんの姿が遠くに。
少し距離をおいて入る。ぎり濁りがあるか無いかくらいか?

結果的にノーバイトで納竿…。
ここ最近の釣行でホゲ無かったんでワームで最後も粘ったが雨も降り出しあきらめた。
7時前には家に帰って2度寝し、娘達に10時頃叩きおこされる正しい日曜日を迎えた。

お声をかけたAさんは推定70オーバー近いのを バラしたそうで、秋の足音は聞こえつつある。色々情報交換もできたし良しとしよう。

早く秋の恩恵に預かりたいものだが、10月は運動会月間。
3つも週末にあるので時間的にも体力的にも頑張れるか…

ランディングのリズム

2016/9/19
20:30〜22:00
後中潮 2日目
干潮 0:36
気温:19度
北風3〜6m
曇り後雨

連休3日目。
前日まで泊まりで家族で初の富士急ハイランドへ。
朝から晩まで13時間ほど滞在。1日中はしゃぎ過ぎて気分が悪くなるくらいまでみんな疲れ切り、家族みんな爆睡中の帰りの運転で何度寝落ちしそうになったことか。笑

流石に朝は起きられず、娘達に了承を得て久々のナイトゲームへ。

潮が緩むと思われる23時頃。そこから雨が降り出す予報。そこまでに勝負かなと、天気が微妙で肌寒くなってきたので、レインジャケットだけ羽織ってでかける。
後にこれが判断ミスと悔やむ。

シーバスを求めマイホーム片瀬川へ。
シャローが絡むナイトポイント。

先発は中古でゲットし、初めてシマノエクスセンスCOO(クー)100Fを投げて見る。
新しいX AR-Cシステムはすんげぇ〜〜‼︎
軽く投げただけでカッ飛ぶ!ルアーがこの軽さでこの飛距離は唸るしか無い。凄い。
ただナイトで初投げなんで動きが良く見えず。またデイで動きを試してから使ってみよう。

ボラジャンプがたまにあるくらいでベイトに触るでも無く微妙な状況。
そんな中でデカイのを選んで釣るくらいの気持ちで、SNECON(スネコン)130Sで釣りたく上流側からひたすら流す。
浅くなってくるカケアガリでリーリングしてS字を強めてアピールするイメージ。(あくまでイメージ^ ^)

電灯がポツポツとあるくらいでほとんど灯りが無いポイントとは言え、ささ濁り程度だったのでチャート系の色が不自然だったのか…?
鯉の背中にあたって鱗がフックに刺さった以外何事も起こらず。

軽く降っていた雨脚が徐々に強まり水面がざわつき始めた。

そろそろ浅瀬からベイトが深場へ動くタイミングくらいかな?と想定して至近距離勝負と読み、レンジを少し下げRowdy130F(ロウディー130F)にチェンジ。

変えて2投目に向こう合わせくらいのバイト!!
変えてすぐにあたると素直に嬉しい。

が、ここからリズムが悪かったのが反省…

下がジーンズとショートソックス+クロックスでずぶ濡れになり始める。

タモシャフトにネットがかかりネットが折り畳み状態から開かず!?

やっとこさネットが開く間に竿が引きずり込まれて落ちそうになるし。 

何度もエラ洗いされバレたかと思うくらい軽くなったが、こっちに向かって飛んでくれたみたいで何とか寄せる。

今度はなかなかタモれず、入ったかと思うとルアーのフックにネットが絡まり、結局ネットインせずネットにフックが絡まったままズリ上げ…

首にかけたライトが下に向かず変なとこばかりを照らす。

そんなことをしながらフックを外してとりあえず何とかキャッチ。
目ジャーで50cm有る無しのまたもやヒラ。


早めにリリースし投げる前のリーダーチェック。
さっきのゴタゴタで案の定リーダーに微妙に違和感がある箇所が。
まだ投げれんでも無いくらいの違和感だがヒットしてプッつりいかれたことを想定。

雨も強くなる一方…
結び直すか??

うーん、、、、

撤収!

明日も仕事だし何だかリズムが悪いと感じて、まだ釣れたのに…と思うくらいで納竿。

もうちょいスマートにランディングせんとですね。

仕上げのバクリーダートで

2016/9/11
4:30〜6:30
若潮
干潮 7:13
気温:25度
北風3〜6m
曇り後雨

久々4時に起きた。前日の家族で都内への用事で疲れはあるが目はバッチリ覚める。

先週に続き雨がらみ。レインジャケットを着込んでも、だいぶ蒸し暑さも無くなりつつある秋へと確実にシフトしている。

そして今朝もシーバスを求めマイホームの片瀬川へ。

小雨が降ったり止んだりの中、まだ夜が明け切らない時間にポイントへ到着。先行でOさんがいる。
考え方はあってるのか?!

挨拶がてら声をかけるとトップでまあまあなサイズをバラしたとのこと!
(おーっ、テンション上がるぜぇ〜)

悩んだ末SNECON(スネコン)130Sからスタート。
濁りがほどほどなのでチャート系を選択するも当たりがない。
Pazdesign-パズデザインのリバード(Re.bird 90S)を投入してみるがこちらも無反応。
Oさんがちょい先の下流で粘ってるので移動できず少し上流へを行ったり来たり。
ボラジャンプもあり、時折何かにあたる感じで雰囲気は悪く無い。

が、夜が明けるまでバイトも無し。

フラペンS85も試すがサッパリなんで思いきってボトムを意識してメガバスのカットバイブ(CUT VIB)へ。
久々バイブを投げてみるも、地形がだいぶ分かってるだけに強気で底を取れない。根掛かりロストはやっぱ嫌!

O氏が大きく下流へ移動したのでそのタイミングでBlooowin! 140S(ブローウィン!140S)のジャーキング。これで駄目なら…!!と思ったがバイトが無い…笑

COAMAN(コアマン)タイムでBC-26バックチャター、VJ-16バイブレーションジグヘッドと試すがいよいよ潮が弛む。

THEフィッシングでの村越正海氏の一言、
「最初からワームなんて使いませんよ〜笑」
は凄く共感。
ワームがいけない訳では無く、僕もできればミノーで釣りたいんです!!

ってことで仕上げ(?!)のバクリーダート。
O氏が遠征を終えて戻ってきてるところで何気にガツン!
しっかりフッキングはできてそうなので潜らせ無いように早めに上に引き摺り出してからジックリやり取り。
O氏にタモっていただき無事ランディング。
先週に続いてのヒラ

サイズはこんなだけど釣れただけ良しとします。

その後話しを伺うとマメサイズをキャッチしたくらいで、朝一のバイトが最大の山場だったそう。

例年よりは釣果が伴ってきたが、ミノーで釣りたいんですよ!笑

でもやっぱりワームは釣れますね。

レスキューロボはルアーを救う

2016/9/3
7:30〜9:30
中潮
満潮 5:43
気温:26〜28度
北風3m
曇り

一か月ぶり。と言うのも愛車ディオがとうとう逝ってしまった。
片瀬川の最河口でお会いしてから、今でもお世話になってるソル友のK氏より譲り受け、はや約4年強くらい。
中古とは言え良く走ってくれた。横浜の山本渡船まで何度も頑張って行ったもんだ。

今ではもう原付無しの生活は考えられず、早速次の原付の購入へ動いてるところ。あー早く来ればいいなぁ…
(Kさん、またお願い致します♪)

と、足を失ってはや3週間。代替えの嫁電気自転車で久々に片瀬川へシーバスを求めでかける。

濁りもまずまずだが、ベイトの気配を感じない。
ボラジャンプすらも無く、当然ベイトに触る感じも無く時間が過ぎる…

トップ、SNECON(スネコン)130S、Blooowin! 140S(ブローウィン!140S)と流すもサッパリ

そんな中お気に入りのBlooowin! 140S(ブローウィン!140S)が根掛かり!
遠目だったらあわてたが僕にはSANKI(サンキ) レスキューロボがある!!
近目での根掛かりだったんで無理に引っ張らず落ち着いてセットし難なく回収!!
うーん備えあれば憂いなしだっと回収できたことに満足。
ちょっと出費が先行するが元はとれるかな。
一度レスキューロボを結束するタコ糸が切れたんで、それだけは注意せんと。汗

てな感じで次は?
うーん…と悩んでワームで何も無きゃ帰ろうと変えたガマカツ レンジスイマー10g+ダイワミドルアッパー(と思ってたら古いのなんでDS-35だった)でダーティング。
最近バクリーかアルカリばっかで何故かあまり投げなかったが、色目が川の色に近い富津ベイトが呼んでる気がした(とかにしなかったとか笑)

ロッドを下げてトゥィッチ感覚でダートさせてみると久々のゴチンっ!

慎重にやりとりしてキャッチしたのは目ジャーで50cm有る無しの綺麗なヒラ


気を良くして翌日の日曜日。7時くらいから雨後ってことで更なる濁りを期待してポイントチェックして回ると、家から一番近い片瀬川の超ど定番スポットに朝から珍しくアングラーさんが1名。

濁りもすごくこれはと思い先行者のかたがキャストしないであろう対岸にはいってみるが、流れが強過ぎか濁り過ぎなのかサッパリ…

VJ-16のフォールで何とかヒットするが豆サイズで抜き上げる前にフックアウトで終了。
チャリなんで移動に萎えてそのまま9時前には納竿。


久々の週末釣行でキャッチできたのは良かったがサイズが上がりませんなぁ…
デイでもデカイのキャッチできるよう精進ですな

楽天市場
ナチュラム
プロフィール

shingy

  • ライブドアブログ