Weekend Seabass Fisher

初心者以上(自称)中級者未満の典型的転勤族リーマンアングラー。
湘南は片瀬川をホームにシーバス中心のルアーフィッシングをメインにゆるーく更新。
コスパ第一!TB大好き!! 2015年11月〜@鎌倉市

ホーム:福岡市室見川→東京都旧江戸→湘南片瀬川

湘南(鎌倉?)サーフ ソゲ

2020/3/28

4:006:00

中潮 後中3

満潮 6:35

気温18

南風 11m

水温 15.1度 ※平塚沖波浪等計測データ


大変ご無沙汰しております。


娘が中学校受験で、(気持ち)自粛しとりました。


が、結果は地元の近所に通う事になり(残念…)解禁と言いつつも、受験前から家族が寝静まっている朝マズメの間に、週末ちょこちょこと竿はだしてはおりました。


1月上旬にマゴチを釣って、今年は好調か?!と、思ったのも束の間、先週ラッキーチヌが一匹キャッチできたのはいいが、なかなか釣果が上がらず。



自粛要請が出てはいますが、南風爆風+上げ潮を試したく、早朝原チャで一人湘南片瀬(境)川河口に行ってみる。


予想通りの爆風

こんな中一人若い餌釣り師がいたので、挨拶だけして邪魔にならない風表側にエントリー。


ベイトが分からないのと、なかなかの荒れ模様なのでひとまず大きめのプラグをキャストしてみる。


が、風で距離が出ずリップも潮を噛まないのでビックバッカーにチェンジ。


辛うじて飛距離は出せるようになったが、ノーな感じ


年初めにマゴチがようやく釣れた、かっ飛び棒130BRに変えるもシンペンはますます感覚が掴めず、飛びキング105HSでボトムを取ってもアタリは無い。


夜明けが近づき、潮がそろそろ緩むかなって頃にVJ-28バイブレーションジグヘッドに変えて幅広くキャストしていると、


モゾっ


と来たので、巻き合わせっぽくリリーングしていると、


ググッ


と来た〜!!

久々ヒット〜〜!!


ようやく足元まで来たので、タモの準備をしていると、久々過ぎてやや焦る。


よっしゃとタモを伸ばそうとすると、


フッ……




ライトを照らして見たが、姿が何となくしか見えず、ヒラメっぽいなぁ〜って感じで、残念ながらフックアウト。


なんじゃぁそりぁーー、久々のアタリだったのに〜と悔やんでも悔やみ切れず、夜明け前には帰るつもりが、朝マズメを迎えしまう。



が、VJで粘ってると


コツン


ときたので、今度はしっかりと合わせを入れる!


巻け巻けっぇ〜っと、水面を滑り、タモ要らずでブッこ抜くと、可愛いソゲちゃん

IMG_6429


2HIT1キャッチできただけでも良しとしましょう。

日曜日は桜が咲く中の雪だったので、流石に自粛し、

娘達と鬼滅の刃一気見で13話まで1日見とりました。


次は今年初の湘南シーバスをゲットしたいっす。


あー、早くコロナウィルス治って欲しいですね。

湘南河川 連日釣行でリベンジ!

2019/11/24

6:007:30

中潮

雲時々雨

干潮 9:08

気温:14

北風 4m

水温 19.2度 ※平塚沖波浪等計測データ


昨日の鬱憤を晴らすべく今朝は少し遅めにいつもの湘南片瀬(境)川へシーバスを求め原チャリへまたがる。


河口近くの橋脚の明暗より。

流れはまずまずで昨日のコーヒー牛乳的な色も収まっている。

カゲロウ 124FKAGELOU 124)から表層をチェック。

エバーグリーンのシードライブやストリームシーカーなどビッグベイトも投げて見るが無反応。


最近投げて無かったMonkey69VIB(モンキーロックバイブ)を久々キャスト。

いい位置に決まって着底するかしないかくらいから大き目のしゃくりを入れてダートさせるイメージ。

うーんこいつも無反応と思いきや、回収間際で水面がもわ〜んと。

チェイスしてたみたいだが、その後VJ-22バイブレーションジグヘッドでも喰わせ切れず、夜が明けてきたので移動。


中流域まで戻り足元近くから手前の流れを中心に狙う。が、ここではベイトはおろか何もコンタクトが無く、前日のバラシポイントへ移動。


今日は野球の練習があるので時間制限あり。

ポイントへ着くと思いの外流れも緩く濁りも薄く、鯉が泳ぐ姿が上から見える。

うーん来るのが遅かったか


と思ったが一通り投げてみる。

こう言う時はリアクションだと思いx80 をトウィッチさせて、もうそろそろタイムリミットかと思ったその時、思いがけずかなり手前で水柱が上がる!!


いきなりのエラ洗いに驚くが、昨日のやり取りに比べると全然落ち着いて対処。


かなりのシャロー域にもんどりうってでた、まずますのサイズの67cm

IMG_6073




後ろから丸呑みだったので、フッキングはバッチリ。

血が出てたので、早目に蘇生して無事リリース。


諦めずに早起きして良かった。

ラインもシーガーR18完全シーバス1.0に張り替えたので、まだまだ今期ランカーを狙って頑張りたい!

湘南河川 ランカー(?)とバトる

2019/11/23

5:307:30

中潮

干潮 8:24

気温:11

北風 11m

水温 19.9度 ※平塚沖波浪等計測データ


昨夜からの雨。濁りが期待できそう。

って事で、湘南片瀬(境)川の某エリア一択。

湘南シーバスを求めて原チャリでGO!


まだ夜が明ける前からエントリー。先行者無し。

下げっぱなで流れはあるが、風が思いの他強い。。


明暗を狙ってみるが一瞬で流れ、濁りもキツ過ぎてアピールできているんだかどうだか。


そうこうしてると空が明るくなってくるが、一向に当たりも無く時間だけが過ぎる。


ふと気になり前かがみになって、通せて無かった足元スレスレを引いて来るとフッと竿が軽くなる。


その後目の前に流れにのったシーバスが現れる。


「喰ってるやん!」


アワセを入れる間も無かったが、自然な感じでビーフリーズを咥えている。


流れがキツいのであまり沖に行かせないようにと思って寄せようとするが寄らない。

あれ、案外デカイぞ、とか思いながらランディングしようとすると、猛烈なエラ洗い!!


「で、デカイ


少なく見積もっても70はありそう。


急に焦りだすが、落ち着け、絶対とるぞと自分を落ち着かせようとしたのは覚えている。


が、ランディングに入ろうとすると、いつもは掬えているシャフトが届かない!


あれっと思ってまた次の機会を狙ってるが、なかなかパワフルでまたドラグが出てやや沖にでてしまう。


この間何分くらいだろう。後で腕がパンパンになってたんで、かなり力んでいたんだろうと思われる。


そして、もう一度ランディング体制にとした所で


プツん



頭が真っ白になるとはこう言う事なんだろう。


その場にへたり込む。


ランカークラスに出会えるのはここ数年で、久しぶり過ぎて舞い上がり、思ってた以上に普段のルーチンランディング作業が出来なかった。


と言うのが、タモのシャフトが何故か伸びきっておらず、それに気付かず何度もランディングをしようとしてた。


その後、最近ではもうメンター的な感もある、ロコアングラーのOさんが来て、対岸でポンポンと2本上げるのを目の当たりにする。そのうちの1本はデカそう。


声をかけに来てくれて聞いてみると、86cmだったとのこと!

2時間くらい投げ続けてたので、集中力も切れて少し会話して納竿。


ん〜〜、モヤモヤしか残らない。

翌朝もリベンジ決定したのは言うまでも無い。

楽天市場
ナチュラム
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
プロフィール

shingy

  • ライブドアブログ